HOME > 溶融亜鉛メッキライン用ベアリング「WEARGUARD®」

溶融亜鉛メッキライン用ベアリング「WEARGUARD®」

WEARGUARDR®

McDanel社はアメリカに本社を置き、95年以上にわたりセラミックチューブを中心に高品質な製品を開発してきました。
WEARGUARDR®は、McDanel社において、溶融亜鉛メッキラインでの使用を前提に開発された高品質セラミック製品です。
ベアリング内部のテンションの掛かる位置にセラミック製バーを設置することにより、ベアリングの長寿命化及び、メッキ品質の均質化において優れた性能を発揮します。

WEARGUARDR®の特徴

  • 工場のダウンタイムを減少
    耐摩耗性に優れたセラミックバーをベアリング内部に設置することにより、従来のベアリングよりも長持ちし、ベアリング交換による工場のダウンタイムを減らします。
  • 摩擦の少ない構造によって、ラインの再始動をスムーズに
    3本のセラミックバーが、ロールバーの安定をキープします。
  • ベアリング・ロールスリーブ間のドロスの巻き込みを防止
    3本のセラミックバーでロールバーを安定させる構造の為、ベアリング・ロールバー間への浮きカスの巻き込みを防止し、摩耗や、予想外のベアリングの挙動を防ぎます。

従来品との寿命比較

WEARGUARDR®従来品との寿命比較

溶融亜鉛メッキライン用ベアリング WEARGUARD®